様々な恩恵をもたらしてくれる自動車

様々な恩恵をもたらしてくれる自動車

様々な恩恵をもたらしてくれる自動車

自動車がなかった時代の人々の移動手段は、徒歩が中心で限られた人だけが馬などの動物を利用したものでした。
もちろん、河川や湖、海などでは船舶を使った移動や運搬は昔から存在していましたが陸上での迅速かつ効率的な移動は自動車の登場を待たなければならなかったのです。
ヨーロッパでは、1827年にイギリスで公共交通機関としては最初のバスが運行されたのを契機に自動車の存在が次第に一般的に広がっていき、アメリカでは1900年初頭のフォードの登場で車社会が拡大していったのです。
日本では当初はアメリカからの輸入車が殆どでしたが、1923年の関東大震災による公共交通機関の寸断により自動車の価値が認識されたことが激増への後押しになっていきます。
この当時は、アメリカの自動車メーカーが日本国内に生産工場を設立した背景もあり徐々に普及への道を歩み始めますが、国内の本格的な自動車普及は戦後の事になります。
終戦後の一時期、アメリカ政府によって禁止されていた国産自動車メーカーの生産が再開されたのを契機に、日本の自動車産業は急速に発展していき一般的な普及に進んできたのです。
「車」というものは、単なる移動手段でも物を運搬するだけのものではありません。
車は、ある時は家族の一員であり大切な友人であり、車マニアにとっては愛しくてたまらない恋人のような存在になり得るのです。
こんな「車」には様々な車種が存在しています。
世代別や用途別に多くのラインアップが用意された「車」は、今も人々を魅了し続ける魔法のツールなのです。

Copyright (C)2016様々な恩恵をもたらしてくれる自動車.All rights reserved.